KPPI式FX仮想通貨投資

KPPI式という独自のストラテジーでFXや仮想通貨投資を記録して行くブログです。

ドル円、雇用統計下振れ博打ロング指値

保有&決済ポジション

 

 
 

ドル円、雇用統計下振れ博打ロング指値

 

 

 
ドル円は、今のところ、置いてけぼりを食ってしまった感じだな。
240分足で実体が陰雲を上抜いたけど、KPPI61(点線)が上値抵抗となっている。
 
このまま上昇すると仮定すると、240分足の雲の陽転後のそこへの修正安待ちということになるので、
仕掛けは来週になる。
 
まあ、240分足のKPPI61を根拠に新規のショートって考え方もあるけど、トレンド逆張りはまずやらない方がいい。
とくにビッグイベントの前はね。
 
今夜は、ヒットすれば、儲けものという考え方で、米雇用統計での下振れ拾い狙い。
日足のBB-2σ(105.348)の10tick上の105.448にロング指値。
 
まあ、通らなければ通らなくてもいいスタンス。
 
それにしても、今月は様子見が多すぎるなあ。
 

 

 

オージー円も同じ

 

 

 
オージー円も、「おい、おい、おい」と言ってる間に83台だけどぉ~。
 
まあ、結果論だけど、81.550で一回ロングしてたんだから、利食わずに240分足のm50(青)で、ヘッジショートしていれば、
まだ81.550ロングの維持できていたんだけどなあ。まあ、「たられば」は禁句だけどね。でも「感想戦」は必要だ。
 
240分足チャートを見ると分かるように、KPPI50(黒)とm50(青)が重なったところで、上値抵抗となっており、
「トリプル・トップ」の可能性も出てきている形。あと、日足ベースだと、2度目のKPPI23(ピンク)テストとなる。
まあ、2度目だから上抜けてもおかしくはないけど。
こちらも、このまま上昇基調になると仮定すれば、240分の陰雲の陽転後のその中への修正安待ちということになる。
したがって、こちらも、仕掛けは来週ということになる。
 
今夜は、ヒットすれば、儲けものという考え方で、米雇用統計での下振れ拾い狙い。
日足のBB-2σ(81.852)の10tick上の81.952にロング指値。
まあ、多分ヒットしないとは思うが、相場は何が起こるか分からんからね。
 

ビットコイン円、底割れで日足のKPPI23テスト

 

 

 
ビットコイン円は相変わらず激しいなあ。
 
60分足チャートでは、トリプルボトム底抜けで、さらに崩れる展開。
まあ、2度目の100万エリアテストだったからかな。
 
まあ、日足はデータが少ないからあまり見ていなかったが、陰雲上限(と同時にKPPI50、m50でもあった)で跳ね返されて、
ダブルトップ。そして、今KPPI23(ピンクライン)をテスト中。
いったん下げ止まってもいいけど、BBが拡大しそうだからな。