KPPI式FX仮想通貨投資

KPPI式という独自のストラテジーでFXや仮想通貨投資を記録して行くブログです。

ドル円、落ちてくるナイフに手のひら出さない場面か

保有&決済ポジション

 

ドル円、落ちてくるナイフに手のひら出さない場面か

チャートは、FX、CFDはすべてXM、仮想通貨はFXTFのMT4で作成。
 

 
まず、ノーポジだけど、ドル円。
引き続き、セリング・クライマックス待ちで見送り。
仮に今のように、セリング・クライマックスなしで、底入れした場合、シングルボトムのケースは少なく、ダブルボトム、トリプルボトムとなる場合が多いので、それを待てばいいわけだから、焦って落ちてくるナイフに手のひらを差し出す必要はない。
まあ、セリング・クライマックスの時は、シングルボトムになるので、待ち構えてやる必要があるが。
と言うわけで、今日も見送り。
 

 

 

オージー円ロング、「5tick撤退」覚悟

 

 
次はオージー円だが、2日の下落場面では、指値にわずか3tick程度届かず、先日のドル円の105.50エリアの指値不発のデジャブーとなり、その後の50tickの上げを見逃した。まあ、次はダブルボトムの買い拾いなので、ドル円の弱さから一抹の不安を感じながらも指値維持。今、指値だった81.550がヒットしてプラスとなっている。
ちょっと自信がないので、一時81.80超えたところで、81.60に「5tick撤退」の逆指値を入れた。
自信がないなら、今利食えよという声が聞こえそうだが、その場合、利が伸びた時の喪失感がハンパないからね。
 

WTI原油ロング、ヘッド&ショルダー警戒

 

それでは、今、一番好きな銘柄とも言える原油。
240分足のKPPI38(点線、60.38)のダブルボトム狙いでは、5tick上の60.43にロング指値入れてヒットした。
今回の下げは、KPPI78→38だったことになるが、61→38だと、その後61抜けて78や100まで上昇するパターンが多いんだが、78からの修正で38からの戻りだと、あまり78を超えるイメージがわかない。加えて、今回、陰雲とヘッド&ショールダー懸念付きなんで、240分の陰雲上限、日足の陽雲上限、BB1σなどが重なる62.00エリアで利食うため、61.95に利食いの指値、あと、60.95にも利益確保の逆指値を入れる。
まだ、今月あまり利食っていないので、堅く行きたい。
 

ビットコイン円、日足の雲上限に到達

 

 
さて、仮想通貨円だが、今日もビットコイン円。
やっぱり、土日もトレードがあると、値動きが進むなあ。
前回、60分足のダブルトップとしたけど、結局、安値もm50(ブルーライン)と、雲下限の合致した1,142,000エリア(A)で支持されて、そのまま戻す展開。
今、日足の陰雲上限を試す展開。急落後、最初の日足の陰雲上限テストなんで、いったん下げると思うが、240分足の雲(水色)が陽転して、2階建になってきたんで、下落してもすぐに反発して、最低限ダブルトップトライには行くだろうね。その後は分からんけど。