KPPI式FX仮想通貨投資

KPPI式という独自のストラテジーでFXや仮想通貨投資を記録して行くブログです。

ドル円、109円手前の攻防で粘着質な展開

ドル円は、60分足のBB2σ(紫)で、3度ショートエントリーを試みたが、BB中心線(黒)やBB26MAに跳ね返された。
 

 

ドル円、109円手前の攻防で粘着質な展開

 

 
ドル円は、60分足のBB2σ(紫)で、3度ショートエントリーを試みたが、BB中心線(黒)やBB26MAに跳ね返された。
S1,S3は逆指値、S2は寝る前の指値でエントリー。全部、跳ね返された次の平均足の陽線で撤退。
S1は10tick程度の利益となったが、その他は微小な利益。おまけに、S1はスワップのマイナスまで付いた。
とくにS3は、ゴトウ日の仲値決定の上昇でも109円に届かなかったことで、雲の下限の108.60台前半辺りまでの下落を期待したのだが。
 
ごらんの通り、骨折り損に終わってしまった。
まあ、MA5(黄)と、MA26(群青)のデッドクロスがなかったので、L1は維持している。
今夜はFRB議長の議会証言やFOMC議事録公開があるので、どうしようかと思っているが、ひとまず、L1は雲下限の10tick下の108.50水準に利益確保の逆指値を入れておく。まあ、109円台乗せ期待だね。
 
なお、このブログ的には、現在のL1移行はリアルポジョンである。
 

EIA次第で60ドル台もあり

 

 
原油は「自分が買っていない相場はよく上がる」状態になっている。
60分足で、途中のダブルトップがだましに終わる上昇で、59ドルに到達している。
チャートの形はそろそろなんだが、今夜はEIA週報があるので、もうひと上げありそう。
前日のAPI週報が強気だったので、その可能性は結構高い。
もうひと上げあれば、たぶん60ドル台に乗せないと終わんないと思うので、ショートは60ドル台に乗せるまで封印でいいと思う。
 
むしろ、EIA週報の発表までに修正安があればロングしたい。15分足のMA26が58.80ドル辺りなんで、その辺までの修正安があり反発したら。
 

ビットコインドルもWトップ模様

 
なぜかチャートに利用している海外FXのMT4のデモ口座からビットコイン円がなくなってしまったので、ビットコインドルで。
ビットコイン円とあまり変わらない形。13,000ドル水準にある日足のBB2σをテストしている。
これで平均足が陰転して、下落すれば目先の天井の形になるけど。さあ、どうなるんでしょう。
 
 

 

 

(IB用広告)