KPPI式FX仮想通貨投資

KPPI式という独自のストラテジーでFXや仮想通貨投資を記録して行くブログです。

ドル円、15分足のWボトムでロングエントリー

さて、ドル円だが、240分足の陽雲下限で、支えられる形となったので、15分足のダブルボトムを見て、ややフライング気味(平均足の陽転を確認せず)に、110.300ミドルでロングエントリー。
 今、60分足の陰雲下限と、MA26、15分足のKPPI38の重なるエリアで、上値抵抗にあっている。
 

 

ドル円、15分足のWボトムでロングエントリー

 
チャートは、FX、CFDはすべてXM、仮想通貨はFXTFのMT4で作成。
 

 

 
 
まず、ドル円だが、前日の当ブログ記事では、ショートできない形としたが、その後、高値から70tick程度下落して、ショートで取れる形となった。
 
まあ、前日は、後述するように、900tick以上利が乗っている原油のロングにヘッジショートをかませるのに必死で、正直、ドル円はあまり見ていなかった。
 
原油は予想通りの修正安となったが、その値動き幅は予想をはるかに上回るものとなり、ドル円を見ているひまがなかった。だから、知らないうちに下がった感じ。
 
さて、ドル円だが、240分足の陽雲下限で、支えられる形となったので、15分足のダブルボトムを見て、ややフライング気味(平均足の陽転を確認せず)に、110.300ミドルでロングエントリー。
 
今、60分足の陰雲下限と、MA26、15分足のKPPI38の重なるエリアで、上値抵抗にあっている。
 
下落中の15分足のKPPI50(黒)までは辛抱しようと思っている。まあ、あわてて利食わなくても、もうすぐ、15分足の雲が陽転するので、それが「上昇前線」に発達してくれればいいわけで。
 
なお、オージー米ドルのロングは引き続き維持。今度の戻りで、高値を抜けなければ利食い。抜けたらホールド。
 

 

 

原油、75ドル乗せから予想通りの修正安

 

 
原油は、前日の記事で、75ドル台乗せから大きめの修正安が来ると予想した通りの展開。
ただ、2ドル以上崩れるとは思わなかった。
 
64.92ドルのロングを維持しつつ、74.94ドルにショート指値。一時は30tickぐらい引かされたが、その急落して、72ドル台後半まであった。
 
ヘッジショートは、15分足の平均足が陽転した、KPPI23エリアの73.20ドル台で利食った。160tickぐらいの臨時ボーナス。
 
原油には、昨夜のような「無意味な乱高下」がつきものなので、予想外の利益につながることもあるし、予想外の損失を出すこともある。昨夜は事態がいい方に転んだ。まあ、昨夜の場合は、意味のない急落じゃなく、ジュライ・フォース前に、大口投機家の大量の利食いが出たんじゃないかなと思うけどね。
 
当然、ロングは維持している。
 
今夜は、ジュライ・フォースで、EIA統計がないので、あまり動かないかもしれない。
 
「海外FXで一緒に儲けよう」がコンセプト。

kppikagaifx.hatenadiary.jp

 

 

2018年4月から開始したフレンド・トレーダー様(このブログや上記サイト経由で海外FXに口座を開設された方)向けの実際の「無料チャート分析リポート」のPDFファイルを挙げておきます。まだ、フォーマットは試行錯誤中ですが、このような感じのリポートを平日の夕方提供しています。下をクリックしてご覧ください。

www.dropbox.com

 

ビットコイン円、日足のMA26でもたもた

 

 
ビットコイン円は、日足のMA26(群青)と、BB1σ(水色)の重なるエリアて、ひとまず上値が重くなっている。
 
これを抜けないと、KPPI23(ピンクライン)の75万、KPPI38の80万が遠くなる。もたもたしていると、平均足が陰転することになる。
今日抜けるかどうかに注目したい。
 

保有&決済ポジション

 

 
 

 

 

(IB用広告)