KPPI式FX仮想通貨投資

KPPI式という独自のストラテジーでFXや仮想通貨投資を記録して行くブログです。

ドル円、日足ペナントの最終局面か?

前日のブログ記事で書いたように、240分足のKPPI78が110.500エリアだったので、5tick甘く、110.450にショート指値して寝た。
起きたら指値がヒットしていてショートポジションが建っていた。60分足の陽雲下限と、m50、KPPI50が重なる109.920辺りまでの下げを予想していたが、そこまでは下げず、結果的には240分足の陰雲下限までだった。110を試して反発したので、そのまま上がると判断して、110とび台でショートは利食い。

 

ドル円、日足ペナントの最終局面か?

 
チャートは、FX、CFDはすべてXM、仮想通貨はFXTFのMT4で作成。
 
 

 

 
前日のブログ記事で書いたように、240分足のKPPI78が110.500エリアだったので、5tick甘く、110.450にショート指値して寝た。
 
起きたら指値がヒットしていてショートポジションが建っていた。60分足の陽雲下限と、m50、KPPI50が重なる109.920辺りまでの下げを予想していたが、そこまでは下げず、結果的には240分足の陰雲下限までだった。110を試して反発したので、そのまま上がると判断して、110とび台でショートは利食い。
 
ただ、今日は夜7時ぐらいまでチャートを見れないことが分かっていたので、新たな建玉はせず、帰ってから、今チャートを見ている状況。
 
前夜の高値を超えない程度に戻したあと、60分足ではダブルトップ形成しつつある。
 
 
ただ、まだ60分足のBB中心線やMA26に支持されており、このままペナントを形成する可能性もある。60分足のBBが横ばいなってきたし。
 
また、240分足では、珍しく「キングギドラ天井」の形だが、BBのラインが上向きになっているので、上抜けてもおかしくない形。
 
日足では、BBラインが収縮して、ペナントの最終局面にも見える。日足を見ると、ロングしたい形だ。
 
ということで、15分足でM50と陽雲下限に支持されたのを確認して、110.200ミドルでロングエントリー。ちよっと最近の感覚では高いイメージがあるが。
 
ここまで、約2時間前に書いたが、ロングはかなり引かされたあと、今はややマイナス程度。
 
原油はあまり書くことはない。60分足がトリプルトップになるまで、ロングは維持する。
 
あと、キウィ米ドル、ポンドドルも底割れで弱い。オージー米ドルも弱いが、底練りの形にはなっている。でも、ロングしたら、途端に底割れしそうな形。こういう時は、60分足のMA5とMA26のゴールデンクロスを待ってからがいい。
 
そのようななか、ドルストレートでは、ユーロドルが予想以上の戻りだが、今のところ60分足のKPPI38(1.1600エリア)まで戻して反落。
 
指値入れて寝るならKPPI50(1.1623)に、5tcik甘く、1.1618辺りにショート指値だが、多分ヒットしない。
 

 

 
「海外FXで一緒に儲けよう」がコンセプト。

kppikagaifx.hatenadiary.jp

 

 

2018年4月から開始したフレンド・トレーダー様(このブログや上記サイト経由で海外FXに口座を開設された方)向けの実際の「無料チャート分析リポート」のPDFファイルを挙げておきます。まだ、フォーマットは試行錯誤中ですが、このような感じのリポートを平日の夕方提供しています。下をクリックしてご覧ください。

www.dropbox.com

 

ビットコイン円、悪性売り病発症中

 

 
ビットコイン円は、直近の安値こそ更新していないものの、平均足はずっと陰線が続き、上値は重い。
このまま書いたように、今後、ダラダラ安値更新が続きそうな形。
こういうのを悪性売り病をこじらせるという。
買えない展開が続くねえ。
 

保有&決済ポジション

 
 

 
 

 

 

(IB用広告)