KPPI式FX仮想通貨投資

KPPI式という独自のストラテジーでFXや仮想通貨投資を記録して行くブログです。

ドル円、2度あることは3度あることもある

 

 

ドル円、2度あることは3度あることもある

 
チャートは、FX、CFDはすべてXM、仮想通貨はFXTFのMT4で作成。
 

今日は、PCの一つがぶっ壊れて、あちこち飛び回っていたので、ちょっと遅めの更新となった。
 
ドル円ショートだが、結局、240分足の陽雲下限までは下げず、横ばいのBB-2σまでだったので、そのエリアで利食って、途転ロングした。
だいたいこのように、240分足のBBラインが横ばいになるもみ合いは、それぞれ2度までは、反転することが多い。
だから、2度までは途転を繰り返していいということになる。
 
ただ、3度目は抜けることもあるので注意したい。もちろん、3度目も同じように反転することもあり、そのような場合、我々は「トリプルボトム」や「トリプルトップ」と呼んでいる。
 
まあ、今のドル円チャート見ると、240分足のトリプルトップ狙いで、BB2σのショート狙いもあると思う。それが決まれば、最低でも陽雲を下抜ける下落になると思う。ただ、それは、寝るまでにBB2σを突破しない場合、指値で入れて寝るということ。別に早くショートに決め打ちすることはない。
 
なお、BB-2σ辺りで建てたロングは、BB1σ辺りで利食って、ノーポジにしている。
 
 
 

原油、ダブルトップなら天井ショート

 

原油は、ヘッジショートをものの見事に担がれた。
まあ、今日はPCがぶっ壊れて、外を飛び回っていたんで、チャートを見るひまもあまりなかったが。
もちろん、底ロングは維持しているが。ちょっと、地政学的リスクとやらを甘く見ていたな。
というか、米ディープステートの操り人形になってしまったんじゃないの。トランプは。
ロング仕込んでから、やらせているんでしょ。
何もやらなかった方が一番良かったという、何か人生の教訓っぽい結果になった。
EIA統計での原油在庫の増加で急落してもおかしくなかったのに、何で上がるんだって話。
 
まあ、これも結果論で、やっぱ「ヘッジコスト」と見ておこう。
 
さあ、今後の方針は、240分足のKPPI78近くまで下落しているので、ショートは100tick程度の損失で外す。まだ外していないが。
 
そのあと、ダブルトップを取り行くと思うので、高値を更新したら、そのままロング維持。更新できなかったら、底ロング利食いで、天井ショートということになる。あと、ショートしても、途中で6月限にロールオーバーしなきゃならなくなりそうなんで、6月限に移行するまで待つのも手かな。まあ、限月制じゃない現物CFDは関係ないけど。
 
「海外FXで一緒に儲けよう」がコンセプト。

kppikagaifx.hatenadiary.jp

 

 

2018年4月から開始したフレンド・トレーダー様(このブログや上記サイト経由で海外FXに口座を開設された方)向けの実際の「無料チャート分析リポート」のPDFファイルを挙げておきます。まだ、フォーマットは試行錯誤中ですが、このような感じのリポートを平日の夕方提供しています。下をクリックしてご覧ください。

www.dropbox.com

 

ビットコイン円急伸、夏のボーナス巻き上げるための上昇相場作りへ

 

 
どひゃーって感じ。何が材料なのかまったく知らんが、一気に陰雲上限、KPPI23、38、50を抜けて、61(点線)まで急上昇。
ただし、すでに50も下回っている。
これで、雲が陽転するので、陽雲の中への修正安。おそらく、m50(青色)が陽雲下限に張り付く展開になるので、そのエリアが押し目買いポイント。
 
まあ、夏のボーナスまた巻き上げるための上昇相場作りに違いないが、それでも乗っかって儲ければいい。オレはやんないけど。
 

保有&決済ポジション