KPPI式FX仮想通貨投資

KPPI式という独自のストラテジーでFXや仮想通貨投資を記録して行くブログです。

KPPI式デイトレード方法

>KPPI式デイトレード方法

 
チャートは、FX、CFDはすべてXM、仮想通貨はFXTFのMT4で作成。
 

 
結局、ドル円さらに崩れそうな感じではなかったので、15分足ベースのトレードをしようと、先週末の深夜、15分足のトリプルボトム、BB-2σの横ばい
を根拠にして、平均足の陽転を見て、104.70のミドルで成行きロング。
現在、第4波の修正安を耐え忍んでいる最中。
ほんと、トレードとは、儲けていても、損していても、忍耐、忍耐、また忍耐で、人間鍛錬には絶好の場だと思います。はい。
トレードという人間鍛錬の場で、泰然自若の境地に達するのが人生の目標です。キリっ。わりとマジで。
 
というわけでは、今日はKPPI式デイトレード方法の実例を挙げますわ。
といっても、スウィング・トレードの240分足が15分足に変わるだけで、あとは何も変わらない。
 
KPPIとは何ぞやという方は前日の記事

zazunayu.hatenablog.com

から読んでください。
 
現在までのルートは、KPPI61まで上昇したあと、陽雲の中の修正安が、KPPI38で下げ止まって反発。そして、KPPI78で跳ね返されて、KPPI50で、これから第5波に行こうというかという場面。
 
一応、利食い目標は、78を超えて、60分足の陰雲上限の105.20エリアということになる。
 
あと、弊ブログをよく読んでいる方で、注意深い方はもうお分かりかもしれないが、今回は「一発花火の法則」がワークしています。
 
今の一つ前の高下。底入れの時、m50が陰雲上限まで下がってないので、一発花火でKPPI50で終わっているでしょう。そのまま反転した陽雲を下抜けた。
 
そして、今回、底入れの時、m50(青のライン)が陰雲上限まで下がっているので、一発花火では終わらない様相。
 
今、急落に備えて、いつもの倍の「10tick撤退」に逆指値入れているけど、KPPI78を上抜けたら、逆指値を105.000まで引き上げ。60分足の陰雲上限近くまで入ったら、成行きで手じまいです。
 
ポジション建てていないけど、ポンド円の15分足。こっちの方が買い安心感がある形だな。今は。
 

 

 

 

ビットコイン円、日足陰雲に跳ね返されて2度目の踏ん張り場

 

 
ビットコイン円は、1回目の240分足の陽雲下限の踏ん張り場では反発したけど、
結局、あんな薄い日足の陰雲に跳ね返されて、2度目の240分足の陽雲下限テスト。
 
つーか、もう底割れ仕掛けてるじゃないか。このままだと、結局、私の「一発花火の法則」に凱歌が上がるが。
まだ、100%とは言えないけど。
 
 

保有&決済ポジション