KPPI式FX仮想通貨投資

KPPI式という独自のストラテジーでFXや仮想通貨投資を記録して行くブログです。

ビットコイン円、日足が下落のバンドウォーク中

 

ドル円、ロング指値キャンセル

チャートは、FX、CFDはすべてXM、仮想通貨はFXTFのMT4で作成。
 

 

 
まず、ドル円だが、日足のBB-2σのモメンタムが横ばいから下落に転じてきたことで、ロングの指値を引っ込めて様子見。
まあ、これで下げ止まれば、トリプルボトムだけど、BB-2σを見ると、底割れもありそうな形。BBが横ばいから拡大しそうな形となっている。
底割れすれば、今のチャートの形は「ご破算」になって、単なる下落途中の中段もみ合いに過ぎなくなる。
 
BB-2σを30tick以上下回ったら、試しに逆指値のロングをBB-2σに入れるけど、今夜はないだろう。
 
まあ、ショートのタネ玉持っていたら、もっと冷静にチャートを見れるんだけど、
ノーポジだと、なんとかエントリーしたくて、チャートを自分の都合のいいように解釈しがちになるからいけない。
 
週足見ると、今KPPI38割れだ。前回の週足KPPI38割れは、去年の9月のセリング・クライマックス時。
前回は、週足陽雲の勢力範囲という「神通力」があったが、今回はそんなもんはない。
なんか「宙ぶらりん」。しかも、もう1カ月以上テストしているが、反発の兆しがない。
 
まあ、週足のKPPI23は103.600エリアなんで、今のところ「まさか」なんだけど。
値ごろ感はトレードの最大の敵だ。
 
まあ、週足で見ると、38から戻すか、23まで下落して戻すかの問題。
 
来週のFOMCまでその答えはお預けだよね。
 
したがって、今日は見送り。
 

 

 

オセアニア円ダブルボトム狙いだが・・・

 

 

 

 
オセアニア円は、オージー、キウィともに日足のダブルボトム狙いとなっているが、ドル円と同じように、BB-2σのモメンタムが
下落しているので、ひとまず見送り。
 
こちらは、週足は、ともにKPPI50が支持線となっている。
 
とくにキウィ円は、3度目の週足KPPI50テストなんで、下抜けるのが怖い。
 

ビットコイン円、日足が下落のバンドウォーク中

 

ビットコイン円は、ご覧のように、日足のチャートが下落のバンドウォーク中。
 
もし、すでにショートしていたら、絶対ホールドしている形なんで、
 
新規ロングはまだ先の話。
 
前回みたいにセリング・クライマックスとなるのか、時間をかけた底練りになるのかは分からんが。
 
なお、 保有&決済ポジションは、前日と同じなんで割愛。