KPPI式FX仮想通貨投資

KPPI式という独自のストラテジーでFXや仮想通貨投資を記録して行くブログです。

ドル円、きっちりKPPI38で押し目底

保有&決済ポジション

 

ドル円、きっちりKPPI38で押し目底

 
チャートは、FX、CFDはすべてXM、仮想通貨はFXTFのMT4で作成。

 
まず、ドル円だが、前日の記事で、「現時点で38(点線)は、106.25のエリアだが、これは60分足のKPPI50にもあたるので、これが修正安であれば、そのエリアで止まるはず。したがって、そのエリア106.30辺りが買い場になる」としたが、まさにそのような展開となってきた。
 
まあ、予想したようには、m50(青)が陽雲の下限までは下がってくれなかったが、その陽雲下限自体が、KPPI38(106.253)まで下げたきたので、
その6tick(これまで2回、3tick甘めの指値が3tick差でヒットしなかった教訓から)上の106.313にロング指値。
チャートでは見づらいが、下ひげでヒットした。安値はbidで106.247まであった。
 
今90tickほど利が乗っているが、KPPI78(群青色、107.328)で利食いたい。今月あまり利食っていないし、チキンハートがふつふつとわき上がっている(笑
 
あと、もう一つ言うと、その水準って、日足の26MAなんで、いったん跳ね返されると思うんだよね。
 
まあ、そこまで行けば100tickぐらいなんで御の字。107.300に利食いの指値。もし、そこまで行かない場合は、60分足の平均足の陰転で成行きで利食いしたい。
 
 

 

 

オージー円はさよなら。今回は縁がなかった。

 
 

オージー円は、陽雲までの修正安はなく、ロングできず。
このパターンもよくある。雲の上で「宙ぶらりん」にもみ合って、
雲の上限が近づいたら、そのまま上昇するパターン。
KPPI78もすでに超えている。
 
まあ、今回は81.550のロングを早く利食い過ぎたのが敗因。
 
 

 
キウィ円だったら、律儀に雲の中に修正安となり、しかも、26MAやBB中心線まで、
下ひげでタッチしてくれている。
これなら買えたね。買ってないけど。そのキウィ円は今、KPPI78到達。
 

ビットコイン円、やはり底割れの流れか

 

 
ビットコイン円は、前日の記事で書いたように、第5波で底割れの流れでしょう。
まだ持ちこたえているけど。
まあ、BBが横ばいになっていることを根拠に、BB-2にダブルボトム期待のロングもあり得るけど、
ちょっと怖すぎだな。
 
まあ、怖いところをやらないと大きく取れないとも言うけどね。