KPPI式FX仮想通貨投資

KPPI式という独自のストラテジーでFXや仮想通貨投資を記録して行くブログです。

ドル円、ショート利食ってロング仕掛け直し

 

保有&決済ポジション

ドル円、ショート利食ってロング仕掛け直し

 

 
ちょっとヤボ用で、更新が遅れてしまった。
まず、ドル円のショートは、前回の記事で書いたように、逆指値を下げてヒットした。
利食いだけど、ロングとショートで、本来の利益より60tick以上少ないので、勝ちトレードという意識はまったくない。
気分的には、負けトレード。
 
「たられば」はいかんけど、ちゃんと、陽雲の中に修正安となってくれれば、タネのロングを手じまうことはなかったのに。
とつい恨み節が出てしまう。下の原油みたいに「きれいなチャートになれ」と言いたい(笑
 
以前の記事で言ったかもしれないけど、「きれいなチャート」の方が儲かる。
まあ、ドル円は、ドルストレートなんで、FXの中ではきれいな方だはと思うけどね。
 
今回の例だけ見ると、実体の位置より、雲の色の方が「神通力」があるみたいだけど、逆の場合もあるし、この場合は15分足で判断すべきだった。
15分足で見ると、Wボトムの底で、タネのロング利食っているし。最悪だ。
 
でも、ひとまず、240分足の陽雲の中での 5MA と BB中心線 のゴールデンクロスを根拠に、早速ロングをいれた。
 
まあ、今夜パウエルFRB議長の議会証言があるのは知ってたけど、チャートを優先した。
今のところは順行している。
損切りは、今回の修正安の底値の106.368の10tick下の106.268。自分の損切り幅としては大きい方だが仕方がない。
なんか損切りそうな気配がぷんぷんしているが、一応上値目標はKPPI50(黒色)の107.900のエリア。ここまで行ってもダブルトップになるだけだが。
 
と書いていたら、もうパウエルの原稿発表されているじゃねえか。
あまり動いていないけど。
 

 

 

WTI原油、ひとまず修正安(第4波)へ

 
 

 
WTI原油は、240分足の下がってきたKPPI78にタッチしたあと、上値が重くなっている。まだ、陽雲までの修正安はなく、「宙ぶらりん」の形。
今後は、陽雲の上限、26MA、BB中心線が重なる63.00エリアまで下落。その後の戻りで、高値を抜けるのか、ヘッド&ショルダーになるのかで、対応が変わる。
いずれにせよ、今回の修正安は第4波になるので、ロングは維持。値洗い益が減少するのを我慢しながらね。
 
それにしても、分かり易いチャートでしょ。
BB-2σ上でのトリプルボトムが第1の買い場(実際には買えてないけど)。
 
そして、陽雲の中への「初押し」のダブルボトムが第2の買い場。
ドル円にもこういう分かりやすいパターンを期待していたんだけどな。
そして、これから始まる第4波の修正安のあと、第5波の高値で利食う(おそらく、そうなれば、KPPI100(水色ライン)辺りで利食うことになる)。
まあ、今の高値を抜けずに、ヘッド&ショルダーで利食うことになるあるかもしれないけど。
 
今日は疲れたので、仮想通貨円の分析は割愛。
 
でも、ちらっと見ると、ビットコイン円、日足陰雲の中、240分足陰雲上限、横ばいのBB2σまで戻して、いい戻り売り場となっているように見えるなあ。