KPPI式FX仮想通貨投資

KPPI式という独自のストラテジーでFXや仮想通貨投資を記録して行くブログです。

ビットコインキャッシュ円は10万割れコース

 

 

 

 

ドル円はロング利食い、105.50チャレンジコースへ

 

 
結局、ロングは利益確保の106.400の逆指値がヒットして、40tick程度の利食い。その後に戻して、本玉となったショートの利幅が減少している。チャートは下落する形だが、陽雲が出てきたのがいやらしい。こういうパターンはだいたい「ダマシ」に終わる。すでに実体も下回っているし。
そう自分に言い聞かせるしかないか(笑
 
まあ、実際これは105.500再チャレンジコースだと思うんだが。
でも、ポジション持つと自分の都合のいい方に考えるからね。
一応、ショートは、BB中心線より10tick上の107.160に利益確保の逆指値を入れる。これは4時間ごとに下がるけど。
 
 
 

WTI原油、3月にかけて高値更新期待

 

 
前回の記事に書いたような理由で、原油は3月中旬にかけて高値を付けると思うんだが、それが第5波となる。
今はKPPI78(64.50エリア)の第3波の高値に向けた上昇の途中。
よって、その高値を付けたあと、第4波の修正安が陽雲の中に向けてあり、それが反発に転じると、そのまま第5波の高値までの上昇が始まる。
そんなイメージで見ております。
 
順行すると、あまり書くことがないっす(笑
 

ビットコインキャッシュ円は10万割れコース

>

 

 
 
それでは、仮想通貨円分析の第4弾で、ビットコインキャッシュ円。
正直、今まで見た中で、最も弱い形。だって、下落相場の途中で、これから陰雲が下落前線に発達する形だもん。
まあ、実体は240分足のKPPI23(ピンクライン)まで到達したが、陰雲に跳ね返された第3波が拡大中。
今後KPPI0(レッドライン)まで下落して、それがさらに拡大することになると思うので、100,000割れコース。
まあ、既存のロング筋は辛抱(あるいは利があるうち逃げる)だが、見方を変えると、下げ切ったところで、底ロングを入れたい銘柄。